読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

美術展・建築物巡り

古裂で彩る日本の原風景 前野節さんの絹彩画

ゴールデンウィーク。主に石川県立音楽堂とその周辺で開催されたクラシック音楽の一大イベント「風と緑の楽都音楽祭(ガルガンチュア音楽祭、ガル祭)」と、金沢の奥座敷・湯涌温泉近くの湯涌創作の森で開催された民族音楽の野外フェスティバル「タムタムト…

秘スル花ヲ 知ルコト -山科理絵が描く能楽世界-

山科理絵さんという若い画家さんの手による、能楽の世界を描いたという絵画を観てきました。某所に置かれていたチラシが目に入った瞬間に妖艶な雰囲気に惹かれました。開催場所は金沢能楽美術館。入ったことはなかったけれど、別件で出掛ける予定に一緒に組…

駄美術百万石! このくっだらなさが実にステキ!

え~。ある日何気なくですね。休日の春にまちあるきへ出掛けようかと予定を考えていたところ、何気なく、しいのき迎賓館でミニコンサートでもないかのう?と公式サイトを覗きに行きましたら… 駄美術展覧会 in 金沢 なにこれ。よくわからんけども、崇高な美術…

ガルガンちゃんが往く! 音楽祭とアマヤギ堂さんの魅力

ついについに開幕したガルよ。2008年から始まった金沢のクラシック音楽祭が独自のイベントになって再出発!企画もキャラクターも攻めに攻めまくっている姿勢がとてもステキガルよ。他と同じような公演をやるのでは意味がない、金沢でしか聴けない公演をやる…

春の金沢城・玉泉院丸庭園 城郭と石垣に映える桜たち

陽射しは明るくなれども、ほんの少し冷たい空気が漂う北陸の4月。兼六園へ桜を観に行ったその足で、行ってきました。金沢城と玉泉院丸庭園。これらはやはりセットコースとして行かぬわけには参らぬでしょう。 いや、行って参ったわけですけども… 閑話休題 …

地元の彫刻家・山下晴子さんが刻む生きざま、昇り立つ生命力

石川県鳥越村(現・白山市)出身の彫刻家・山下晴子さんの彫刻展を観てきました。石の彫刻をじっくりと観るのはこれで2回目。 今回の個展は、金沢のまちなかにある「しいのき迎賓館」のギャラリーにて開催されました。なんと入場無料。チラシをひと目見るや…

2017/04/20 月亭方正独演会 ☆☆☆津幡町広報特使就任記念☆☆☆

2017/04/20 月亭方正独演会 ☆☆☆津幡町広報特使就任記念☆☆☆ 我が町に方正さんがやってきた! ある寒い冬、津幡駅の広告掲示板に目を遣ると…目を疑いました。月亭方正さんが独演会!?しかもシグナスで???さらにゲストに桂三度さん!?かつて「3のつく数字…

福井ではじめて「刀身彫刻」の精緻な技を見た!

日本刀に施す彫刻『刀身彫刻』を観るために福井へ出掛けてきました。 3月、樂雅臣さんの彫刻展を観るために県立美術館へ行きました。そこで、石川県をはじめとした各地の美術館で開催される展示のチラシが置かれている中で、たまたまそこにあった刀身彫刻の…

現実・空想。過去・現在・未来。祈り。すべてが渾然一体となった池田学さんの超緻密な世界

池田学さんの作品展が、昨日(4月8日)、金沢の21世紀美術館で開幕しました。先月、知人が九州で池田さんの作品展を観てこられたという知らせを見聞きして、これは凄そうだと感じていたところに...間もなく金沢で作品展が開催されるという話が。なんとい…

若冲の西陣織に見た、オールマイティな奥深い絵画の魅力

伊藤若冲の絵画を西陣織で再現した作品展「西陣美術織展」を観てきました。 この「西陣美術織展」を観たのは2回目。昨年、石川県立音楽堂交流ホールで開催されたときにはじめて観ました。このときは終了時刻15分前くらいに駆けつけたため、あまりゆっくり見…

2017/04/02 弦楽四重奏団 MEDIQUAR Spring Concert

2017/04/02 弦楽四重奏団 MEDIQUAR Spring Concert 春になったとはいえ、朝晩の空気はまだまだ冷たい北陸の4月はじめ。お昼前にはすっかり暖かくなった日曜日の昼下がり、ストリングスカルテットを聴きに21世紀美術館へ出掛けてきました。 何と言っても、…

しいのき迎賓館~金沢のまちに輝くクラシックとモダンの融合

※旧ブログ記事を加筆訂正しました。 金沢市のまちなかのそのど真ん中。香林坊から兼六園の間を抜ける広坂大通りを、香林坊側から見て左手に。大正の古式ゆかしく格調高い煉瓦造り。金沢城の石垣から玉泉院丸庭園にかけての位置から、広大な芝生の広場を見や…

石の彫刻家・樂雅臣さんの彫り出す「沈着」と「流動」

若手彫刻家・樂雅臣さんの作品展で、石の彫刻を見てきました。2月のとあるコンサート会場で配られたチラシの中にこういうものが入っていまして、いくつかの作品の造形が目に入った途端、 かっこいい!おもしろそう!実物を見てみたい! ただそれだけ。そう…