Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

思い:自分の感覚や気持ち

わが心の自転車

自転車に乗って 自転車に乗って ちょいと そこまで あるきたいから 【自転車に乗って / 高田渡】 これは僕のお気に入りの愛車だ 名前はまだない 自転車屋さんで買ったのが2008年の春だったのでもう10年半も使っている 名前は未だにない このときの春にちょっ…

子どもの難問

子どもの難問 作者: 野矢茂樹,熊野純彦,清水哲郎,山内志朗,野家啓一,永井均,神崎繁,入不二基義,戸田山和久,古荘真敬,柏端達也,柴田正良,鷲田清一,雨宮民雄,鈴木泉,渡辺邦夫,土屋賢二,斎藤慶典,大庭健,中島義道,一ノ瀬正樹,伊勢田哲治,田島正樹 出版社/メーカ…

ゴーシュのように音を鳴らせたら ~ 2018/07/01 舞台「セロ弾きのゴーシュ」

7月はじめの暑い昼下がり金沢東別院の真宗会館へセロ弾きのゴーシュの舞台をみに行ってきた 昨年秋に一度別の場所で開催されたものの再演このときの舞台がとても素敵で気分が和んだのと舞台袖でハープとチェロが生演奏されていたのがあまりよく見えなかった…

学童保育時代の回想

小学校1年から3年の間、学童保育に入っていた 両親が共働きだったこともあって小学校へ入学すると同時に、放課後には学校からそこそこ離れたところにあった学童保育の施設に通って過ごし夕刻から夜にかけて帰宅する生活を気がついたらしていた 必ずしも全…

タイムマシン

タイムマシンを使えば過去にも未来にも行くことができると言う 過去に起こったことは過ぎた事実だからまあわかっていること、とそんなのわざわざ見に行ってもあんまりおもしろくなさそうだな未来のことを見に行ったほうがなんだかおもしろそうじゃないか 例…

シンボルツリー #2 ~はじめて精神科を受診してちょうど10年

今朝、月に一度の通院に出かけている道中で今日が、はじめて精神科の診察を受けに行ってちょうど10年目の日だったことに気がついた。 ちょうど10年前の今日、2008年9月4日。原因不明の心身不調がどうにもならなくなって精神科で診察を受け、即刻ドクタースト…

"Rain" Trilogy 「雨」3部作

音楽を聴き浸っていてかつて自分のこのブログで記事にした音楽をちょっと振り返ってみたら とんでもないことに気がついた 昨年の梅雨どきに雨にまつわる歌で Red Rain Blue Rain Purple Rain こういう曲名のそれぞれまったく別の人が作った別々の歌からイメ…

こころ震えるアレサ・フランクリンのシャウト

アレサ・フランクリンが亡くなられたとニュースで知って ソウル・ミュージックの世界ではもちろんポピュラー音楽全体としても最高の歌手 ソウル・ミュージックにはそれほど詳しいわけではないし熱心に聴いてきた、聴いているファンというほどではないけれど…

コトノハを揺らす風

素直な気持ちは自然に湧き上がった自分のこころをできるだけそのまま自然のまま相手に渡して委ねるもの わがままな気持ちは自分の思い込みの箱の中に相手のこころを勝手に無理やり当てはめて詰め込もうとするもの 自分の気持ちを渡す相手その相手と自分との…

「死ぬ気で」やれる、やれているというのは

子どもの頃からときどき目にしたり耳にしたりしたことのあるいまでも、ごくたまにだけども目にしたり耳にしたりすることのある 死ぬ気でやる 死ぬ気で取り組む というコトバ は?立派かもしれないけどもなんかヤだなあそれ って感じていたしいまでも一瞬そう…

GWにあらためて感じさせられた地元・金沢の豊かさ

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」 ことしのゴールデンウイーク。旅行意欲が高くないあたしゃ例によって例の如く今回も特に遠出をすることはございませんでしたが生まれ育った地元・金沢(と近郊)の心地よさや文化の豊かさの一端をあらためてじっくりと…

Irresistiblement(あなたのとりこ)でうたわれている「愛」

シルヴィ・ヴァルタンの「あなたのとりこ」 まぶしいくらいに明るく澄みきったあまりにもさわやかなメロディと演奏 このメロディを少しでも耳にしたことがない人はいないんじゃないかと思えるくらいにいろいろなところで鳴らされ使われた名曲 フレンチポップ…

「かわいい」という実感が湧くとき

かわいいとされる「もの」を見て『かわいい!』という「湧き上がる感覚」が自分の気持ちから出てこない かなり昔から、おそらく、物心ついた頃から既に、だと思う。今に至るまで、敢えてこのような感じかたをしようと意識したことも、意識して変えようとして…

しばしば感覚が過敏になること

テレビの、特にバラエティ番組の 音声と映像の光が痛い。 身体的な痛覚のようなものではないけど 気持ちを撹乱されてしまう感覚。 そうなると、茶の間の全体照明も 明る過ぎて辛くなってくる。 そんなふうに感覚が過敏になると 音や光それ自体に対しても、 …

年始の所感:自身に訪れたものごとすべてに意味と気づきを

あけましておめでとうございます 当ブログではようやく年始のごあいさつ。年末年始も変わらず止まらずいつもの調子で記事のアップを...昨年の振り返りと今年の抱負をだーっと書きなぐりながら追いついてなかったアウトプットも交えつつ... アウトプットはま…

ロールモデル

先日、とある場所で、 自分の「ロールモデル」である存在から どういうことを見習っているか? というようなことを軽く話してみるという機会があった。 そこでちょっとウムムとなった。 自分にとっての「ロールモデル」ね。平たく言うと「模範とするお手本の…

「コミュニケーション」のパッチワーク

コミュニケーションが 自分は 上手いだの 下手くそだのコミュニケーションが あの人とは できるだの できないだのコミュニケーションが うまくなりたいだの うまくできてないだの コミュニケーションってなんだ? このひとと あのひとと 誰かと 友だちになる…

シンクロニシティの実感

1年ちょっと前くらいからでしょうか。主にネット上での発信や対話をきっかけとして知り合って、気心が知れている、あるいは知れてきた方々との間にときどき生じるのを感じるようになりました。 シンクロニシティ(Synchronicity) 世界的に有名な心理学者で…

自分らしさなんて~「自分らしさ」のありかはどこに?

自分らしさは、自分を見ている他者の中にこそある自分らしさは自分の中にはない いや、あった自分で自分を「自分らしさ」らしきキュークツな枠にハメてたことが 自分で勝手に思い込んで 設定して 装って いまはそういうものを手放してしまっている感覚 自分…

シンボルツリー

これは我が家の庭に立つシンボルツリーのコナラの木。 写真だとわかりづらいけれども、実はこれは左右にひこばえしている。真ん中の黒いところはもともと真っ直ぐに立っていたこの木の切り株状の残骸。 もともとは当然ながら普通に真っ直ぐ立派に立っていた…

他者との交流や対話がもたらすもの

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 しかし、自分を認めるために、他人に認めてもらう必要はない、空しい自分が空しいままに空しい他人とつながってなんで空しくないことがあるだろうか、人は他人と出会うよりも先に、まず自分と出会っていなければならない…