Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

思い:こころがけ・よびかけ

変わることとか動くこととか

人間というものは変化をしたがらないものだというところがあるわね脳が本能的に変化を嫌うようにはたらくという話もあるらしい だけども一方で、人はよく動きたがりもする さらに、ともすれば人は人を変えたがる人は人に変えてもらいたがる 動くということは…

変わり映えの加速度とは

自宅での作業に専念していると 食事や休憩すら忘れてかなり没頭してしまい あるひとつのことが結構な勢いで 進むのはいいとしても 他に並行して進めるべきことや 意識が疎かになりがちという 自分の行動のアンバランスさが どうにも引っ掛かってスッキリとし…

感情に自分が振り回されないために

誰とでもいいけれども相手との雑談・対話・議論・口論 誰でもいいけれども第三者の発言・主張・聞こえてくる会話に間接的に聴いた話 そういう 話されていることの中には話されている「内容」はもちろんだけども話し手の「感情」も含まれている たいていは「…

もちつもたれつ

「ひとに迷惑をかけられない」 そういう考えかたが嫌いや 迷惑をかけないようにするのならなんにもしなけりゃいいなんにもしなけりゃ少なくとも迷惑をかけることはない 願ったり叶ったりじゃないかひとに迷惑をかけないんだったら いやちょっと待てそれはほ…

その「ふつう」の正体はなんだい?

このときは そのときに応じたこういった「ふつう」がある この場では その場に応じたさっきとは別の「ふつう」がある この目的では その目的に沿ったさらに違った「ふつう」がある だから、その「ふつう」にしたがうんだよ ああ、なるほどねよくわかるなそれ…

漠然とした「同化」「同調」に抗うための『I(アイ)メッセージ』

大雪に見舞われて誰かが大変なことになった自然災害に見舞われて誰かが大変なことになった事故に遭って誰かが大変なことになった そんなことがどこかで起こっているのに自分は違うところであるいはそれほど遠くもないところで平穏無事で日々を楽しくおもしろ…

こころはまるくやわらかく 感覚は鋭くクリアに

1年近くも前に目にした、あるところである方が発信されていた言葉。 以下全文: 「自分の心のフィルタ越しにしか世界は見れない」 世界がどんなに美しくても それを見る目と心が曇っていたら…美しくない。 だからこそ自分自身の目と心をピカピカに 磨いたほ…

まちで笑顔の会釈をいただけて嬉しかったので

一週間ほど前。 金沢駅コンコースを歩いてたら見知らぬ女性が笑顔で会釈してくださいました。 見知らぬ人...と言ってみたけど、おそらく石川県立音楽堂のスタッフさんではなかったかな... 思いがけないほんの一瞬だったのでまるで確信がないけども ともかく…

「点」から「線」そして「面」に さらには...

「終わりを思うことからはじまる」「ゴールを思い描くこと」「ありたい姿に対する現状とのギャップを見ること」 と言われるように問題意識や目的を明確に見据えた上で行動することはとても大切なこと 重要なこと 一方で ともかくも あるいはやむにやまれず …

アカルイミライのアリカ

先日仏教サークルの勉強会で講師さんからきいた「三世因果の教え」に相通じることが、きょうの地元新聞に。

おそくはない

見知らぬ新しいなにかをはじめること見知ったこれまでのなにかを変えること 「もう遅い」なんてことはない よさそうだと思ったのなら必要だと思ったのならトライしてみることが大事 その一歩を踏み出す力...目的意識・問題意識それが見えていることそこを見…

「今日」やることを見定める精度

『明日やろうは馬鹿野郎』 今日やることを明日に先送りしない 『明日できることを今日やるな』 明日やっても充分いいようなことを今日の時間に詰め込まない 今日、やりたいことはなんだろうか。今日、やるべきことはなんだろうか。 今日やる価値があること、…

「強み」を伸ばす? それとも「弱み」を底上げする?

ちょっと考えてみてください。見つけてみてください。 「あなたの強みはなんですか? 得意なことはなんですか?」 自分ひとりで考えても、なかなか出てこないのではないでしょうか? いくつか思い当たることはあっても、それを「強み」と言い切ってしまって…

誕生日について~年を重ねることは日々を積み重ねること

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 かつては、職場と家族親戚、それにちょっとだけ毛が生えた程度…以外の人間関係しかない、要するに 『利害関係のない友人知人がひとりもいない』 状態に陥って久しかったこんな自分にも、いまや主にネットを通じての友人知…

どんよりと鉛色の厚い雲の向こうからは

※旧ブログ記事に加筆訂正しました。 別にきれいでもなんでもない北陸の冬やとようあるどんよりと平凡な雲これでもまだ比較的薄いほうやな スカーっと晴れて太陽が見えてたらそらあ誰かてキモちEわなオイラかてキモちAなって嬉しなるぞいね 曇っとって眩し…