読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

I Go To Extremes~自ら見据えられている、自身の「変容」の速さ

f:id:rcs4naruki:20170522065457j:plain f:id:rcs4naruki:20170522065438j:plain

数年の停滞を経て 心身の好転を自覚してから2年半ばかり
発信や交流をはじめてから 社会復帰を果たしてから 1年半を少し過ぎて

特にこの半年ちょっとの間の内なる変化 進歩や成長が
自分でもびっくりするほど著しくて

停滞があまりに長すぎたせいなのか…

今までに体験したことがないほどに流れが速くて激しく感じる
10代の頃でもこんなに速いスピードで変容することはなかった

今、まさにこういうふうな感覚な気がする
その目まぐるしい変容をまた「冷静に見据えることができている」

続きを読む

チャイナアドバイス~鋭いゆるさが冴え渡る七色の3分間ポップロック

f:id:rcs4naruki:20170520120546j:plain

キュートでドリーミーなラブソングとしても
ゆる~い3分間ポップソングとしても

ポジティブな応援ソングとしても
ナンセンスなことばあそびとしても

緻密で硬質なロックとしても
辛辣な社会風刺のプロテストソングとしても

「人間」といういい加減で浅はかな動物の意識に
チクリと棘を刺す反骨ソングとしても

どのようにもとれるし、どのようにとっても

......完成度たかすぎ。超秀逸。

続きを読む

PIT21 CAFE~ラフな暖かさがうれしいカジュアルなカフェ

ある休日の朝、金沢市内へ所用ある家族を送り届けたあとにできた
午前中2時間近くの空き時間。
一旦自宅へ戻ってまた迎えに行くには遠すぎるし、
ハテさてどこでヒマつぶししよか?

しばしウムムと考えて...ピーンと。

 あ、あそこなら軽くドライブして行ってきて戻ってちょうどええ!

行きました。
まちなかを離れた、金沢西インターからそう遠くない辺りにあるカフェ。

PIT21 CAFE

朝8時から営業。
大規模コーヒーチェーン店以外でこの時刻から開店しているカフェは
こちらでは珍しい(と思います...)。 

緑がふんだんにあしらわれた、ややラフなおしゃれ感のある店構え。
デニムカジュアルのおしゃれ感に似たものを感じました。

f:id:rcs4naruki:20170515195217j:plain

続きを読む

シンボルツリー

f:id:rcs4naruki:20170515211230j:plain

これは我が家の庭に立つシンボルツリーのコナラの木。
写真だとわかりづらいけれども、実はこれは左右にひこばえしている。
真ん中の黒いところは、もともと真っ直ぐに立っていた木の切り株状の残骸。

もともとは当然ながら普通に真っ直ぐ立派に立っていたこの木。
しかしいつの間にか根元をカミキリムシにやられて大きな空洞が生じてしまい
ある雨風の強い夜、大きな音を立ててボッキリと折れ倒れてしまった。

遅かれ早かれと思ってはいたが、実際に倒れてしまったときは悲しかった。
なんせ家のシンボルだ。

倒木は自分ひとりの手ではまったく動かせず、後日植木屋さんに撤去してもらった。
その後、新たに苗を買って植え直すかどうか迷った。
迷ったがなんだか踏みきれなかった。

続きを読む

Soluar(ソルア)~身近な和カフェの春の設えとスイーツメニュー

自宅から自転車でふらりと行けるところにある和カフェ、Soluar(ソルア)。
あれから何度も顔を出すようになって、意気投合した店主さんとは今やすっかりタメグチで会話したりイジりあったりする間柄になりました。

 あ…もちろん他のお客さんにご迷惑がかからない程度にですよ(汗)

こういう場所が身近にあるというのはとても幸せなこと。

ここのお店の大きな特色のひとつは、季節感をとても大切にしているところ。
お店の中にさりげなく生けてある草花にも、スイーツのメニューにも「いまの季節」を強く感じさせる演出がされています。
そうとだけ言ってしまうとわりとアリガチな話にしかなりませんけども、その取り入れかた、感じさせ具合、そういうところが実に絶妙なのだと感じるところです。

「春といえばコレだよねぇ!」というような、一般的なイメージありきで定番を固めるという作為がないと言えばいいのでしょうか。あくまでも店主さんの中で感じるところの「春」が何よりも優先されて現れているようなところがあります。

そんなふうにして選ばれたであろう設えやメニューの内容自体もそうですが、その精神性もまた、自分には共感と和みをもたらしてくれる大きな要素なのではないかと、お店に行くごとにジワジワと強く感じられます。

そんな和カフェの「春」。上手くとらえられているでしょうか???

f:id:rcs4naruki:20170514173942j:plain f:id:rcs4naruki:20170514173826j:plain

続きを読む

おてらくご 金沢のお寺で立川吉幸さんの一席を

金沢市内のお寺で落語を聴いてきました。
お寺で聴く落語だから「おてらくご」。

「昨年12月に初めてナマで落語聴きに行ってから、ときどき落語聴くのが楽しくなってきてん」というような会話を最近知り合った友人としておりましたら、数日後、こういうものがあるよと教えてくださいました。

金沢市内の真宗大谷派(お東さん)のお寺が持ち回りで開催しているようです。
もう第5回なんですね…こういうイベントがあったとは全然知りませんでした。

f:id:rcs4naruki:20170514131307j:plain f:id:rcs4naruki:20170514131313j:plain

数日に渡ってかなりいろいろな場所のお寺で開催するということがわかります。
小学校でも何度か一席設けられるようです。
入場無料(お賽銭歓迎!)。お寺の近くに住んでいる方がうらやましくなります。

期間中、2箇所まわると粗品がもらえるとのこと。
その品というものが一体どんなものなのかも気になるところですけども、今回はひとまずお試しということと、もうひとつ行く余力がないということで、ひとつだけにしておきました。
第6回がいつ開催されるのかはわかりませんが、そのときには2箇所まわってみたいです。

f:id:rcs4naruki:20170514131316j:plain

続きを読む

2017/05/12 Jazz trio「やまや」1st album発売記念ライブ@金沢

2017/05/12 Jazz trio「やまや」1st album発売記念ライブ@金沢

ここ1年ほど前から、主に地元で開催されるコンサートへ出掛けて生演奏に触れる機会を多くとるようになってきました。会場への行きやすさや価格設定の面から、クラシック音楽関係のコンサートへ足を運ぶ機会が多いのですが、昔はロックやジャズのライブへよく出掛けていたものでした。

最もよくジャズの生演奏を聴いた場所が、この日のライブの会場「もっきりや」です。世界的なビッグネームから地元のアマチュア音楽家まで、多くのライブを観るために足繁く通った想い出深い場所ですが、随分と長いことご無沙汰になってしまっていました。

4月末のお昼前、あるカフェで開催されるコンサートへ出掛けるために金沢のまちなかを歩いていたその途中にお店の前を通りかかりましたので、取り急ぎライブ日程のチラシを手に取ってみました。その日の目的地であるカフェへ向かって歩きながらそのチラシをざーっと眺めてみると、一風変わった編成のグループのライブ予定が目に止まりました。それがこれです。

f:id:rcs4naruki:20170514054723j:plain

「やまや」。ヴィブラフォン、ピアノ、チェロのトリオ。
ヴィブラフォンの入ったジャズはそこそこ親しんで聴いているし、チェロの入ったジャズもほんのちょっとだけ知ってはいるけれども、この組み合わせのトリオとなると、一体どんな響きが聴けるのだろう…と、興味津々になりました。
数日寝覚めても気になりだしたものが止まらない!予定を入れました。

艶やかな美女3人という理由だけで決めたわけではない!
というところは念のためキチンとここに強調しておかなければなりません。
(ってムキになってわざわざ言うということは…ソレハイワナイヤクソクデ)

そして当日。
お昼前からの暑さに少し疲れ気味になってしまって、やっぱり行くのをやめて早めに帰宅して休んだほうがいいかなという思いが頭によぎってしまいました。だけども…全然行けない気分体調なわけでもない、行こうと思えば行けるのに行かなかった、そうしたときの後悔のほうが間違いなくしんどい。そう思い直して、スタバでしばしの休憩をとってから現地へ向かいました。

続きを読む