Naruki.K's Radio Head

Transmitter! Picking up something good. Hey! Radio head! The sound...of a brand-new world♪

いちばんのインスタントラーメン

いきなりだがワシは

イトメンのチャンポンめんが
だいすきなんじゃああああ!

ここ石川県はもちろんのこと
北陸地方の人間では知らぬものはいないほどの
毎度おなじみポピュラーなインスタントラーメン

イトメンのチャンポンめん
こーいうらーめんである!

f:id:rcs4naruki:20180917113009j:plain f:id:rcs4naruki:20180917113017j:plain

いま手元にはカップタイプの写真しかないので
最もポピュラーな袋麺のタイプは公式サイトで
見ていただくことにしようか

www.itomen.com

このイトメン
日本で2番目に袋麺もカップ麺も作った
老舗企業なのに知名度がない!とな!

www.itomen.com

「2位じゃダメなんでしょうか?」

どうもダメらしい

世間とはなんと厳しいものよ

んが!しかし!

子どもの頃からインスタントラーメンといえば
当たり前のようにイトメンのチャンポンめん

そこそこ成長してから中華料理店
(某R◯ガーHットじゃないよ)で
チャンポンめんを頼んだときに
店員が持ってきたチャンポンめんをみたときの
あの愕然とした思いは今でも忘れぬ

違う!
これはチャンポンめんとちゃう!

海鮮系の具にたっぷりとあんが絡んだ
ほんとうのちゃんとしたチャンポンめん
強烈な違和感に抗って食したものの...

腑に落ちない!

チャンポンめんといえば
イトメンのチャンポンめんや!

いまだにそう思っております。

遠方の友人知人にお土産を持っていったり
贈り物や荷物を送るときには
必ず一度は同梱せずにはいられぬほどの
イトメンのチャンポンめん!

「2位じゃダメなんでしょうか?」

それほどまでに自分にとっては
いまでもいちばんのインスタントラーメン
その地位は決して揺るがないのである

 

そのイトメン
チャンポンめん発売55周年記念として
現在ブラックチャンポンめんを
限定発売しているとな...

www.itomen.com

麺 in Black って…

そらそうやろうけど!

富山ブラックラーメンをも恐れぬこの所業。

これは食してみねばならぬと
近所のスーパーへ行ってみたらば。

ブラックチャンポンめんは
残念ながら発見できず!

無念ナリ

あきらめて別を探そうとした途端に
目についたのは

イトメン

キャベツラーメン!

f:id:rcs4naruki:20180917113053j:plain

たまねぎラーメン!

f:id:rcs4naruki:20180917113519j:plain

旨みカレーラーメン

f:id:rcs4naruki:20180917113515j:plain

イトメン
チャンポンめん以外のラーメン
出してたんかあああ!

まったく知らんかった...

あ。

し、しまった...

図らずも証明してしまうことになるのか...

やはり残念なイトメンと...

「2位じゃダメなんでしょうか?」

や、やはり、に、2位では...
ううっ

 

気を取り直して食してみたらば。

キャベツラーメンは
かやくの具を除いて
普通のイトメンのチャンポンめんと
一体どこが違うんや...というほど
チャンポンめんともども
普通の塩ラーメンであるし

たまねぎラーメンは
かやくがなんとなく玉ねぎっぽい
普通の醤油ラーメンであるし

旨みカレーラーメン
カレー風味なだけであるし

 

しかし... しかし!

工夫をしているのかしていないのか
このよくわからなさ加減が
結果的になんとも絶妙に
イトメン独特の一貫性を醸していることに
ワシは気がついてしまったのだ!

醤油ラーメンになろうが
カレーラーメンになろうが

イトメンのラーメンらしさが

チャンポンめんのあの
柔らかくて優しい塩味の味わいが

明らかに息づいているのだ!

 

「2位じゃダメなんでしょうか?」

いいのだ!
2位でもいいのだ!

袋麺やカップ麺を出したのが2番目だろうが
世間が何位をつけようが

誰がなんと言おうが
いちばんのインスタントラーメン

2位じゃダメな理由はないのだ!

それがイトメンのラーメンなのだ!

そうだ!
これでいいのだ!